Opera オペラ 「魔法の笛」

「魔法の笛」

「魔法の笛」は、モーツァルトの作曲したオペラ「魔笛」を、子どもたちや初めてオペラを体験する方々に、その素晴らしさを知ってほしいと願い、本来上演時間が2時間以上ある「魔笛」を、バリトン歌手の宮本 益光(みやもと ますみつ)氏が、元の台本や音楽の内容をコンパクトにまとめ、長谷川 初範 (はせがわ はつのり) 氏によるナレーションを取り入れながら、より分かりやすく親しみやすく構成しました。

 

この「魔法の笛」は、モーツァルト・シンガーズ・ジャパンの歌手の皆さん、東京交響楽団オペラアンサンブルの皆さんとともに、指揮者のキハラ良尚が、五島記念文化賞オペラ新人賞研修成果発表として上演しました。こどもから大人まで多くの方々が、オペラや音楽に親しんでくださいますように。この動画は「魔法の笛」の公演のハイライトです。

'Maho no Fue'

“Maho no Fue” is a condensed rendition of “The Magic Flute,” an opera

for which Mozart composed the music. Created by baritone singer

Masumitsu Miyamoto to help children and those who have never seen an

opera performance discover the joy of watching and listening to an opera,

“Maho no Fue” features Hatsunori Hasegawa’s lively narration that makes

the original story even more fun and relatable to all. 

The video shows the highlights from the public performance of “Maho no

Fue” on Sep.5, 2020, presented by conductor Yoshinao Kihara as the

recipient of a 2014 Opera Award of the Gotoh Memorial Cultural

Foundation. Joining Kihara for the performance were the members of the

Mozart Singers Japan and The Tokyo Symphony Orchestra’s Opera

Ensemble.